限定に弱い私が注目するちっちゃなプリッツ

限定に弱い私が注目するちっちゃなプリッツ

限定の文字に弱い私は、期間限定と言われるとすぐに飛びついてしまいます。味が気に入らなければ、それ以降目に入ることはありません。

でも味が気に入れば、販売期間が終わる前に十分楽しんでおかないといきません。せっかく好きになったものがすぐに販売終了してしまうのはあまりにも淋しいので、できるだけ早いうちに味を知っておく必要があるのです。

限定されることが多いのは期間だけじゃなく、地域もですね。地域限定で販売されているちっちゃなプリッツの中には、過去に期間限定で全国販売されていた味と似たものもあります。

たとえば、『ちっちゃなプリッツ ずんだ』です。ずんだの味がするプリッツは、東北限定で販売されています。豊かな枝豆の風味が売りのようですが、夏季限定のビアプリッツでも『えだまめ』がありました。

ビアプリッツでも枝豆が濃厚で、程よい塩気がさらに風味を引き立ててくれていました。果たして枝豆とずんだ、全国販売と東北限定販売の違いはいかに?極細サイズのビアプリッツには枝豆の風味がぎっしりでしたが、ちっちゃいサイズの限定プリッツにはそれに負けないずんだの風味が詰まっているのでしょうか。

ちなみに「ずんだ」とは、簡単に言うと、枝豆をつぶして砂糖などで味付けされたもののことを言います。

関西限定では、『ちっちゃなプリッツ なにわグリコネオン』が売られています。これはキャラメル風味のプリッツなのですが、過去には塩キャラメル味の細切りプリッツがありました。

塩キャラメル味の細切りプリッツのことは、今でも忘れられません。キャラメルの風味と甘さ、そこにピリッと効いた塩気。販売が終わってしまったときは、涙が出る思いでした。

『ちっちゃなプリッツ なにわグリコネオン』はただのキャラメルじゃなく、グリコの味がイメージされているようです。なるほど、だから「なにわグリコネオン」なんですね。グリコのまろやかな甘みを、どのくらい楽しむことができるでしょうか。

大阪名物・道頓堀のグリコネオンがプリントされているパッケージにも注目です。

大阪で脱毛婚活パーティー 岡山

期間限定じゃがりこ気になるランキング

定番じゃがりこはほとんど食べませんが、期間限定じゃがりこには常に注目しています。そして今気になっているのは、地域限定じゃがりこ。私が食べてみたい順にご紹介します。

1位:焼きみそ(信州限定)

お味噌はただ焼いても香ばしいもの。これは贅沢にも、ネギとゴマまで練りこまれているんだそうです。それぞれの風味と香ばしさが、どんな活躍ぶりを見せてくれるのでしょう。ホカホカの白いご飯がほしくなるくらい、どれもよく効いていてくれたら嬉しいです。

2位:東京じゃがりこ 華麗なカレー味

なんと、豚肉のつぶ入りのじゃがりこです。それも大きめだというから、豚肉のコクと旨みはもちろん、食感もしっかり楽しめるのではないかと期待しています。メインのカレー味には「華麗」とつけられているので、味はあまり濃くないのかも?

3位:たこ焼き(関西限定)

関西といえば、やっぱりたこ焼き。たこ焼きのソースとマヨネーズがコクを出してくれているようです。おいしいに越したことはありませんが、クセになってしまったら関西から離れた地域に住むものにはちょっと辛いところです。

4位:お好み焼き(瀬戸内限定)

こってりソースと、豚肉のコクと旨みに注目のじゃがりこです。たこ焼きやお好み焼きってお菓子になると、あまり違いがわからないような気がするのは私だけ?地域限定じゃがりこでは、その違いを見せつけてもらいたいです。

5位:手羽先(東海限定)

思ったほどではなくてもガッカリするほどおいしくない旨辛胡椒味は今まで無かったので、これも安心の美味しさかなと思っています。ただ、東海限定というくらいだから、他では味わえないスパイシーな仕上がりを期待しています。

6位:明太子(九州限定)

明太子の風味と辛味、そして粒々を楽しめそうなじゃがりこです。明太子は、九州産使用でしょうか?

7位:ずんだ(東北限定)

あっさり塩味はあまり好みじゃないのですが、そのまま練り込まれたというずんだに注目しています。枝豆の風味だけじゃなく、粒々感も生きているのでしょうか。

8位:とうもりこ(北海道限定)

とうもろこし味は大好きなのですが「自然の甘み」とあるので、濃厚さは求められないのかなと思ってしまいました。食べてみて思い切りとうもろこし味だったら、順位はグンと上がるでしょう。

実際食べてみると、この順位も大きく変わるのかもしれませんね。